BMキャピタルで1億円運用したらリタイア可能?徹底解説

「1億円を運用して早期リタイアしたい…
「1億円を信頼できるファンドに預けたい…」
「相続で1億円を手にしたけど運用方法がわからない…」

1億円を持つ人の中には投資の知識がなかったり失敗が怖かったりと、なかなか資産運用に踏み出せない人もいるでしょう。

しかし、1億円という大きな元手があるなら、絶対に資産運用するべきです。

超低金利の現代において、銀行に預金しておくだけでは資産が増加しません。それどころかインフレの影響で物価が上昇し、資産が目減りしているのです。

そこで私が注目したのは、10年以上の長期運用を行いながらもリターンが年率10%を超えているヘッジファンド「BMキャピタル」。

BMキャピタルとは、外資系銀行バークレイズで経験を積んだ超エリートがファンドマネージャーを努める国内ヘッジファンドです。

本記事では、1億円の投資先にBMキャピタルを選んだ場合について徹底解説します。

BMキャピタル公式サイトはこちら

1億円運用シミュレーションを比較(BMキャピタル・株式・投資信託)

まずは1億円を運用したときに、どのように資産が増加するのか見ていきましょう。

ここでは、想定利回りが異なる「BMキャピタル(利回り10%)」「株式(利回り5%)」「投資信託(利回り3%)」を比較します。

BMキャピタルと株式投資と投資信託の1億円資産運用シミュレーション

投資先 1年後 5年後 10年後 15年後 20年後
BMキャピタル 1億1000万円 1億6100万円 2億5920万円 4億1760万円 6億7290万円
株式 1億500万円 1億2800万円 1億6300万円 2億700万円 2億6600万円
投資信託 1億300万円 1億1600万円 1億3500万円 1億5800万円 1億8500万円

上の表のとおり、BMキャピタルと他の投資方法(株式・投資信託)では、得られるリターンに大きな差があります。

例えば1億円を10年間運用する場合、BMキャピタルは2億5920万円まで増えますが、投資信託では1億3500万円にしかならず、1億2420万円もの差があります。

このように、BMキャピタルの利回り10%は圧倒的な数字であり、1億円を効率的に増やしたい投資家には最も魅力的な選択肢と言えるでしょう。

BMキャピタルに1億円を投資するメリット5選

BMキャピタルに1億円を投資するメリットは以下の5点です。

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてください。

1. 平均利回りが10%以上と高い

BMキャピタルの平均利回りは10%以上。

もし1億円を運用した場合、年間1000万円以上の利益が得られます。他の運用方法と比べると、BMキャピタルの利回り10%以上は圧倒的なリターンです。

資産運用先 期待利回り
BMキャピタル 10%以上
不動産投資 5〜7%
株式投資 4〜5%
投資信託 3〜4%

なぜ、BMキャピタルのリターンはこれほどにも高いのでしょうか?

その理由は、BMキャピタルの投資手法「バリュー投資」と「アクティビスト投資」にあります。

バリュー投資とは、本来の企業価値より割安で放置されている株を購入し、株価が本来の価値に戻ったら売り払う手法です。

一見簡単に思えますが、値上がりして利益を生み出せる株を見つけるには、豊富な投資経験と緻密な分析力が必要です。

本来の価値より既に安く売られている株を購入することで、さらなる値下がりが起こりにくく、低リスクで運用できるメリットがあります。

一方で、バリュー投資は注目されていない株式を購入するので、値上がりする確率が低いです。

この状況を打開するために、BMキャピタルは「アクティビスト投資」を行っています。

アクティビスト投資は企業の株式を大量に購入し、大株主として経営戦略を提案します。その結果、企業を根本から変革し株価の上昇を促す手法です。

BMキャピタルは「バリュー投資」と「アクティビスト投資」を行える優秀なファンドマネージャーが在籍しているため、年10%以上の高い利回りが出せているのです。

2. 過去にマイナスを出した年がない

大切な資産1億円を運用するのですから、運用成績が安定した投資先が良いですよね。

BMキャピタルは2013年の設立から、10年間に渡ってマイナスを出した年が一度もありません。

2020年初頭、コロナショックで米国株や日経平均株価が約30%も暴落する中、BMキャピタルは利益を出してフィニッシュしました。

マイナスを出さなかった理由は、コロナショック前に株価指数先物の「空売り」によって、市場から撤退できたからです。

空売りは、将来の株価下落を見込んで今の株価で売却し、値下がりしたところで買い戻して利益を狙います。ただし、空売りは損失が無限に膨らむ可能性がある上、高額な手数料がかかるなど、高いリスクを伴う取引です。

BMキャピタルのファンドマネージャーは元バークレイズの機関投資家で、豊富な投資経験と洗練された判断力を備えていたため、高リスクな空売りに成功しました。

この洞察力や市場に対する深い理解が、どんな状況でも利益が出せる秘訣なのです。

3. 運用歴が長い

BMキャピタルは2013年から運用を開始し、今年で11年目を迎える老舗ヘッジファンド。

海外ヘッジファンドと比べて運用歴は浅いですが、国内ヘッジファンドの中では歴史が長く、信頼性の高いヘッジファンドとして評価されています。

ヘッジファンドの中には情報の少なさを利用して詐欺に手を染める企業もありますが、BMキャピタルは設立から10年にわたり具体的な詐欺報告が一件もありません。

実際にBMキャピタルに投資している人の中には、運用レポートや堅実な姿勢を見て投資をし続けている人がたくさんいます。

また、BMキャピタルについてより詳しく解説した記事もあるので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

関連記事

これまで株式投資やFX、投資信託で資産運用をしてきましたが、2019年に思い切ってヘッジファンド投資をはじめました。 ヘッジファンドは「怪しい」や「長く投資を経験してきた上級者向け」または「富裕層向けなので庶民には縁がない」といったイ[…]

4. 運用報告書が見やすい

BMキャピタルの運用報告書はグラフやチャートを活用しており、投資初心者でも理解できるように作られています。

記載内容は下記のとおりです。

  • これまでの運用実績
  • 銘柄の投資根拠と結果
  • 最新の金融状況
  • 企業の分析手法
  • 投資哲学

運用報告書は3ヶ月に1度、メールで送付されます。

5. 成果報酬で信頼できる

BMキャピタルの手数料は以下の3種類です。

  1. 申し込み手数料:出資金額の約5%
  2. 管理手数料:年間で運用残高の約5%
  3. 成功報酬:利益の30%〜50%

中でも、BMキャピタル側の主な収入源は「成功報酬」。

成功報酬とは運用で出した利益の30%〜50%が手数料として差し引かれる仕組みです。

投資信託の手数料が1〜3%程度なので、BMキャピタルの手数料は高すぎると感じるかもしれません。

しかし、運用成績に関わらず固定で手数料が発生する投資信託に比べて、BMキャピタルの成功報酬は利益にのみ発生するため、その透明性と公平性が多くの投資家から信頼を得ています。

成功報酬にはハイウォーターマーク方式が採用されていいるため、過去の最高益を更新しない限り成功報酬は発生しません。

>>BMキャピタルの手数料についてはこちらで解説しています

BMキャピタルのファンドマネージャーは利益を上げなければ収入を得られないため、常に最大限のリターンを追求する姿勢を持っています。

その熱意と取り組みがBMキャピタルの高い利回りを支える1つの要因になっているともいえるでしょう。

BMキャピタル公式サイトはこちら

BMキャピタルに1億円を投資するデメリット3選

BMキャピタルに1億円を投資するデメリットは下記の3点です。

事前にデメリットを理解しておくことで、予期せぬトラブルを防げます。

1. 最低投資額が1,000万円

BMキャピタルの最低出資金額は1,000万円以上であるため、まとまった資金がないと投資できません。

出資金額が高い理由は、私募型のファンドで投資家の人数が限られているため、一人あたりの投資金額が多くないと運用できないから。

ただし、有名な海外ヘッジファンドの最低投資額が1億円であることを考えると、BMキャピタルの最低投資額1000万円は手が出しやすい金額と言えるでしょう。

また、条件によっては1000万円以下でも投資できるので、興味がある方は問い合わせてみてください。

2. 解約制限がある

BMキャピタルは「ロックアップ期間」という解約制限を設けており、出資から3ヶ月ごとのタイミングしか現金化できません。

解約制限が設けられている理由は、資金を安定させ長期的な戦略を立てやすくするためです。

ロックアップ期間はデメリットに思われがちですが、裏を返せば、ヘッジファンド側の投資環境が整って我々へのリターンが増えます。

ただし、急にお金が必要になった時でも対応できるように、1億円の中の余剰資金で投資をしましょう。

3. 元本保証ではない

BMキャピタルは元本保証の金融商品ではないため、資本損失のリスクが伴います。

投資の世界において、基本的にリスクとリターンは比例しています。

リスクを最小限にしたい場合、その結果としてリターンも低くなることが一般的です。逆に、より大きなリターンを目指す場合、それに伴うリスクも増えます。

そのため、リスクをほとんど取らずに高いリターンを期待する金融商品は存在しません。

ただしその中でもヘッジファンドは低リスクで高リターンな金融商品として知られています。

BMキャピタルも2013年の設立から10年間、平均利回り10%以上を維持しています。とはいえリスクゼロではないことは理解しておきましょう。

BMキャピタルが怪しいと言われる理由は?

1億円の運用先としてBMキャピタルについて調べると「怪しい」や「詐欺」などネガティブな言葉が出てきます。

しかし、そのほとんどが勘違いや過度な煽りです。

ここでは、BMキャピタルが怪しいと言われる理由を3つ紹介します。

それぞれ詳しく解説しているので、BMキャピタルについて正しく理解しましょう。

1. 合同会社であるため

BMキャピタルの会社形態を見ると「合同会社」と記載されています。

株式会社ではなく合同会社は、あまり聞き馴染みがないので怪しいと思う人がいるのではないでしょうか?

しかし、合同会社は設立する際に法的な手続きをしているため、怪しいものではありません。

逆に、株式会社に比べて安い設立費用で自由な経営が可能であるため、近年人気が高まっています。

アマゾンジャパン合同会社やグーグルジャパン合同会社などの超大手企業も、合同会社を取り入れてますよ。

なぜ合同会社を採用しているのかは次で解説します。

2. 過去に5回も解散しているため

過去に会社が解散していると聞くと、怪しいと感じますよね。事実、国税庁の法人番号公表サイトによると、BMキャピタルは5回解散していることがわかります。

1億円の投資先としてBMキャピタルが過去に5回解散している
(引用:国税庁|法人番号公表サイト

BMキャピタルが5回も解散している理由は、合同会社として出資者を集めているため。

合同会社は、法律上の厳しいルールがなく自由に運営ができます。しかし合同会社で社員(投資家)を集められるのは、499人までと制限されているのです。

つまり、BMキャピタルに出資したい投資家が499人を超えたため、1度解散し新たに合同会社を立ち上げたということ。BMキャピタルの解散はネガティブな理由ではなく、投資家が増え続けているからなのです。

3. ヘッジファンドは詐欺が多いため

「ヘッジファンド=怪しい」と考える人もいるでしょう。

確かにヘッジファンドの情報の少なさを利用した投資詐欺は少なくありません。

実際に、大手ヘッジファンドであるエクシア合同会社やスカイプレミアムで出金停止トラブルが起こりました。

しかし、BMキャピタルが詐欺である可能性は極めて低いです。

三京化成株式会社を例に挙げて、金融庁に掲載されている同社の「四半期報告書-第95期第2四半期」によると、BMキャピタルの名前が大株主としてリストに記載されており、しっかりと運用していることがわかるため。

1億円の投資先BMキャピタルが実際に運用している証拠画像

他にも、2022年に大本組や瀧上工業の大株主になった事実を踏まえると、BMキャピタルが投資詐欺(ポンジスキーム)に関与しているとは考えにくいです。

また、BMキャピタルは金融庁のヒアリングや外部のファンド監査を積極的に取り入れており、可能な限り投資家の不安に答えてくれています。

BMキャピタルの信頼性について、詳しく確認したい方はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

退職金の受け取りをきっかけに、資産運用先としてヘッジファンドを考える人もいるでしょう。 しかし一般的に言えばヘッジファンドは外国籍のものが多く、ヘッジファンドとのやり取りを英語で行う必要があります。 そこで私が目を付けたのは、利[…]

BMキャピタルは怪しい?評判や詐欺の可能性を徹底調査!

BMキャピタルに1億円投資する際のよくある質問

BMキャピタルに1億円を投資する際のよくある質問と回答を紹介します。

疑問点や不明点がある方は、ぜひ参考にしてください。

過去の運用成績はどうなっていますか?
BMキャピタルは平均年間利回りは10%以上と安定したリターンを維持しています。
詳細を知りたい方はBMキャピタルのHPからお問い合わせください。
インターネットから申し込みできますか?
いいえ、できません。
BMキャピタルに出資するには、必ず担当者との面談が必要です。
海外に移住しているのですが、投資できますか?
可能です。
ただし、税金に関しては国際税理士及び税務当局と相談してください。
運用報告書はいつ届きますか?
四半期ごとに決算し、原則としてよくつきの下旬ごろにEmailで送付されます。

【まとめ】1億円の運用先はBMキャピタルがおすすめ!まずは面談から

この記事では、1億円の運用先としてBMキャピタルを選んだ場合について解説してきました。

1億円をBMキャピタルに投資するメリットは以下の通りです。

  1. 平均利回りが10%以上と高い
  2. これまでに損失を出していない
  3. 運用歴が長い
  4. 運用報告書が見やすい
  5. 成果報酬で信頼できる

BMキャピタルは年10%以上の高いリターンと下落相場でもマイナスを出さない力が評価され、投資家から人気を集めるヘッジファンドです。

BMキャピタルでの1億円運用を考えている方は、BMキャピタルの公式HPから面談を予約してください。

BMキャピタル公式サイトから問い合わせる

平均年利10%超を継続!退職金運用・資産運用ならBMキャピタル

「退職金が入ったので資産運用をしてみたい」
「自分で投資するのは不安」
「実績のある会社やプロの投資家に運用を任せたい」

上記のような悩みを持っている人には、日本のヘッジファンド「BMキャピタル」がおすすめです。

BMキャピタルの特徴

  • 平均年間利回り10%超を10年以上継続
  • 2013年の運用開始からマイナス運用の年ゼロ
  • 直近6年で資産価値2倍

資料請求や運用の相談は無料。面談では営業トークとかもないので、まずは詳しい話を聞いてみて、それ後じっくり検討するのがおすすめです。

佐々木達也
最低投資額は1000万円〜ですが、1000万未満でもケースバイケースで投資できるみたいなので、まずは問い合わせてみてくださいね。

>>BMキャピタルの詳細はこちら